娘とやり遂げる怒り退廃、想い出キャパシティーのなさに完敗!

最近、甥っ子を朝から夕方まで預かることになりました。しかし外は暴風雨、近くには大きな公園もあるので外で遊んであげたいショップでしが、お家レクレーションとなりました。預かる時は甥っ子が深夜随分寝ないので、姉には甥っ子をボロボロにさせてと頼まれます。院内だとトランプぐらいしか遊ぶものがなかったので、初めは二人で貧乏くじ除外してましたが、お互いだとつまらない、途中から神経衰弱しはじめました。甥っ子は前に開けたカードをバッチリ覚えていて、続々取って出向くのに、ぼくは前に開けたカード憶えられない、、前は惜しくも憶えられてたように思いますが、これ程記念人気が乏しい事柄に少々凹み気味に、、。現代っ子です甥っ子はそんなシンプルなゲームをしたことがなかったらしく、しっかり気持ちいいぐらいに置きられるというのも面白かったんだと思いますが、姉が迎えに来るまひたすら神経衰弱をしました。甥っ子は全然記念人気が良くて、ひょっとしたらこの子胸良いのでは?と快くなりバカおばになっていました。甥っ子は胸を集中して使ったからか深夜ご飯を食べて直ちに寝てくれたとの通知が入りました。良かった〜。