特有や気圧傾度出力などについて学校をしました

エアーなどについて訓練しました。低緯度から高緯度への熱情の運輸は、主にエアー、エアー中の水蒸気、および海水によって行われている。次は、そよ風についてだ。木枯らしや春一番が冬のおとずれ、春のおとずれを報じるように時節の差異や毎日の気象の変化はそよ風によってもたらされます。そよ風はエアーのエクササイズそのものです。同ゼロ水平面内に気圧の差があることが、風の原因です。気圧の間によって出る、単位質量の状況大群に動く力を気圧傾度出力といいます。気圧傾度出力は、気圧の傾きがおっきい位置、すなわち等圧線のタームが密な位置ほど大きいです。気圧傾度出力は等圧線に直角に、高圧周りから低圧側に向かって行ないます。そのため、状況は等圧線に直角に低圧側に向かって動くことになります。一般に、地上気象挿絵の風向は等圧線に直角になっていません。これは、地球が自転やるためです。このようなことを覚えましたが、知らないことがあったのでさんざっぱら勉強になりました。キレイモ 無料