時代が変わればあいさつの様式も変わります

世界のあいさつ様式は、なぜこんなにも異なるのでしょう。

世界の主流は握手ですが、アジア圏はお辞儀や合掌、会釈が主です。

日本のあいさつと言えばお辞儀ですが、欧米の影響で握手をすることも多くなりました。

体の接触を伴うあいさつが日本で浸透しなかったのには、国民性もあるでしょうが、その気候や生活様式も大きく関係しているようです。

日本で頭を下げる文化が培われたのには、湿気が多く、また農耕民族であるため、体が常に汗ばんでいたり、汚れていたりしたため、肌の接触を好まなかったからだと言われています。

ちなみに、握手が受け入れられるようになったのは、明治の廃刀令後からだそうです。

それまでは、利き腕を相手に握らせるなんてありえないことだったそうです。

その昔、ニュージーランドの先住民は鼻を摺り合わせていたそうで、チベットではお尻を触りあったとか。

廃れる作法もあれば、新たに生まれる作法もあります。

日本もフランスのようにハグをして両頬にキスをする時代が到来するかもしれませんよ。脱毛ラボ 自己処理 vio